専用サーバーとネット回線

専用サーバーを選ぶ前に、その会社について少し考えて見ましょう。

その会社のネットワーク回線は大丈夫でしょうか。

というのも、会社によって転送量と回線速度が偉い違うのです。

そして、これらによっても大きく変わってくるのがウェブサイトの閲覧にかかる時間などです。

普段から転送量が多く、回線速度は遅めですと、自分のウェブサイトを開くのに大きく時間がかかってしまいます。

ですが、もしも回線速度が急激に速く、転送量が普段から少ないと、自分のウェブサイトもさくさく開けます。(選び方参考:http://xn--o9j0bk9rwb2ftig7dzeb2881pquxd.com

結果、誰かが自分のホームページを開くときも、ストレスなく閲覧できます。

ということは、安い共有サーバーでもいいということです。

そんな会社でしたら、わざわざ専用サーバーを契約して高いお金を毎月払う必要がないのです。

他にも、画像一つとってもそうなのですが、ある程度見やすい写真をウェブサイトにはっつけたとします。

安い回線を利用すると、その写真を4人の人が同時にアクセスしたら、そのとたんパンクしてしまいます。

それと同様で、4,50人が同時に閲覧してもパンクするような回線は避けたほうが無難でしょう。

というのも、ソーシャルネットワークなどで友人が多い人がURLをはっつけたとして、同時に何十人かが見てしまったとしたら、軽く4,50人は超えるでしょう。

そして、超えた瞬間、時分のウェブサイトは閲覧不可になってしまいます。

パンクするというのは、一瞬でも許容範囲以上の人がアクセスしに来たら起こってしまう現象です。